居酒屋ラプソディ
b0098438_1258047.png近所の居酒屋でひとり呑みしてましたら、
隣りに座っていた若い男性二人に、店員サンが
「グレープフルーツサワー2つお待たせしました!!」
って持ってきたんですが、一人がそれを見つめて
怪訝そうに 「……なぁ、何か足りなくね」 と
言っているのです。
「そう?」ともう一人が一口飲んだ瞬間、そちらも
「あっ」てなって、二人納得した様子で店員サンを
呼び止めて言う事には
「……あのー、グレープフルーツと、絞るやつ下さい」
そ、そこ忘れられるとは!!
一番重要なとこだよ……まさかのサワーオンリー。そりゃ「まさかそんなハズ無いと思うけど……あ、
もう中に入ってるって……いやでも生絞りって確か」って一瞬迷うよね。

その夜は平日にも関わらず結構混んでて、店全体が軽くパニクってはいたのだけど。
反対側の男子3人組も、取り皿をいつまで経っても持ってきてもらえず、ずっと料理を食べる事が
出来ないでいました。ちょっと気の毒だった。
私もお会計の時、「えぇと、14番テーブルのお客様ですので……えー……5680円になります」と
言われ、慌てて「あの、席は13番だったと思うんですが」って言って訂正してもらいました。
いくら私でも安い居酒屋で一人で5千円は食べないよ。食べると思われたんかな。
by kuro-miya | 2013-09-27 20:18 | 絵・マンガ有り
<< 一面クリア あと5日で9月が >>