背筋の凍る道端
b0098438_141464.png今までの人生において、漫画やドラマで
「前のトラックの荷台から鉄パイプが崩れてくる」とか
「頭上の工事現場から鉄材が落ちてくる」みたいな
事故シーンを見る度、「まぁ現実にはそう無いけど」と
思ってましたが、間違ってました。
道ででっかい金具が降ってきて間一髪でした。
歩いてる最中、足元で「ガンッ」って音がしたと思ったら
鉄材を固定するデカい金具みたいのが落ちていて
目を疑いました。
すぐ横の電信柱を見上げたら、てっぺんで作業してる
人がいて、その人が落とした模様。
えっちょっと待って!!? これ当たってたら大怪我してたよ!? 運悪きゃ命に関わってたよ!?
今起きた事がにわかに信じ難くて、言葉も無く金具とその人を交互に二度見したんだけど、そいつ
こっちをちらっと見ただけで何も言わないんだよ!!
私がしばらく呆然としてたら、やっと「あっ、当たりましたー?」って……。
当たってたら無事でいるわけないだろうがあぁぁぁ!!!
もう一人の上司っぽい人が「どうしましたー?」みたいに近付いてきたんだけど、あまりのショックに
呆然としたままその場を後にしちゃったのですが……。
……私、もっと怒ってよかったよね!? むしろ怒るべきだったよね!? 町の安全の為にも!!
非常に鋭利で角ばった金具だったので、例えかすっただけでも、地面で跳ね返ったのが当たっても
ヤバかったよ。子供とか近くにいなくて本当に良かったよ。
今思い返してももう……。今からでも区に報告(苦情ではなくて)すべきかしら。はーゾッとする。

昨日「太陽マークが並んでて嬉しい」と書いた天気予報、今朝見たら太陽が全て雲マークに
変わってた……しょぼん。洗濯持ち越し。
しかも明日の夜、雨っぽい……夜出かけるから、それこそ変わってほしい。降りませんように。
by kuro-miya | 2013-11-09 23:58 | 絵・マンガ有り
<< 途中で話変わり過ぎ 金曜日ってこんなテンション >>